葬儀 種類

葬儀の種類

葬儀と一口に言ってもいろいろな種類があります。

例えば、家族葬、音楽葬、水葬、無宗教葬、密葬、社葬等が挙げられます。
無宗教葬とは、宗教による儀式を伴わない葬儀をいいます。

仏式で使う本興祭壇や焼香炉、花環、忌中札といった葬祭具を使用しない。また故人の写真類、ビデオを準備したり、故人の趣味に合わせてピアノやギター等で演奏したり、自由な発想で葬儀を行うのが特徴です。

密葬と散骨

遺族や近親者だけで遺体を荼毘に伏し、葬儀を行うことを「密葬」と言います。密葬は本来、故人が距離的に遠いところで死亡し、搬送に時間がかかる時や年末年始に亡くなった時等にとりあえずの形として密葬が行われていました。

密葬という言葉は、本葬に対する密葬という意味でも使います。社葬等の大型装をイメージして使用されてきた言葉で、後日行われる社葬に先行して行う葬儀を言います。

また最近は自分で葬儀の内容を決めておく。というような考え方が増えています。つまり生前に葬儀をプランするという事ですが、具体的には意思をあらかじめ葬儀社へ伝えておき、その意思に沿った葬式を行う事を言います。

メリットは個性的で独創的な葬儀が行え、予算、その他、遺族に心配をかけずにすみます。
他にも海や山に遺灰をまく葬送法「散骨」を選ぶ方もいます。宗教・宗派にとらわれず、遺族に負担をかけない完全供養の葬法です。

社葬について

社葬とは、その会社に多大な功績があった人が亡くなった場合、会社を代表する者が喪主となり、全ての経費または一部の経費を会社負担で行う葬儀・告別式をいいます。

通常社葬は、社長・会長が殉職した場合に行われますが、その他の重役、社員の場合も時によって社葬の対象となります。社葬については、通常、企業毎に、誰を社葬とするかなど「社葬取扱基準」を設けています。

内規が無い場合には、訃報に接した時点で取締役会を開き、基本的な方針を決議し、議事録に明記しておきます。議事録は、経費を社葬として計上する為には絶対必要なものです。死亡から葬儀の間までに作成しておかなければなりません。

>日時は友引、年末年始、土曜日曜、祝祭日を避けるのが普通です。
社葬通夜の開始時間は、冬季は午後6時から、夏季は午後7時から2時間が普通です。また死亡通知状の文面は、病名等詳しく書かないのが普通です。

http://www36.atpages.jp/tuyamanaer/

 

サイトマップ

髪専用クレンジング剤シングルベッドのサイズニンナナンナのマジカルコンパクトファースト口コミ情報長崎心泉堂のカステラ